クレジットカード換金ビジネスについて

クレジットカード換金のビジネスに関して
Home » 換金ビジネス » クレジットカード換金ビジネスについて

クレジットカード換金ビジネスについて

換金ビジネス

クレジットカードの換金業者には優良業者もあるものの、悪徳業者もいるということで、そもそもこのビジネス自体がどうなのか、気になっている方もおられるでしょう。
これは安心して利用できるサービスなのかというと、現在のところ、グレーゾーンとなっています。
少なくとも利用した方が逮捕されるといった事例は、まだ起きていません。
そのためどうしても現金がほしい方から、ショッピング枠の換金サービスが利用されています。

ただ、このビジネス自体はグレーゾーンという扱いで、その健全性が完全に社会から認められているわけでもないのです。
なぜかというと、そもそもクレジットカードのショッピング枠は現金にして利用するものではないからです。
ショッピング枠は利用者が直接現金を使わずに決済するためのサービスで、これを裏技のような方法で現金にするビジネスは、本来の用途から外れた使い方を提供しているのですね。
この業者のビジネスを、カード会社が公認しているわけでもありません。

ただ、このビジネス自体が明確に違法だと決まっているわけでもありません。
そのため現在のところ、グレーゾーンとして黙認されているという状況です。
クレジットカード換金ビジネスはこのような位置づけになるため、このビジネスを行っている業者もさまざまあるわけです。

利用者が安心して使える優良店もある一方で、あまり誠意があるとはいえない対応をする悪徳業者もいます。
グレーゾーンのサービスを使っているということで、利用者心理としても、あまり強くは権利を主張しにくいことも多いでしょう。
これもまた、悪徳業者がこのビジネスに参入しやすい理由になっています。

ただ、利用者として重要なのは、このビジネス自体がまだ違法と明確に決まってはおらず、サービスを使った方が罰せられるといった事例も起きていないことです。
あとはトラブルになりにくい優良店を、いかに見つけられるかにかかっています。
健全なサービスを提供しているクレジットカード換金業者もいるため、なるべくいい業者を見つけて利用するといいでしょう。