クレジットカード換金は闇金ビジネス?

クレジットカード換金のビジネスに関して
Home » 換金ビジネス » クレジットカード換金は闇金ビジネス?

クレジットカード換金は闇金ビジネス?

換金ビジネス

裏技のような形で現金を調達できる手段としては、闇金がありますよね。
正規の貸金業者ではないため、本来ならお金を借りれない人でも、お金を借りれます。
クレジットカードの換金も同じように裏技に近い方法となりますが、これは闇金が提供しているサービスなのか、気になっている方も多いでしょう。

ショッピング枠の換金業者と闇金には、基本的には関係ありません。
闇金とは関係ない換金業者もいますし、闇金の方はクレジットカードの換金をやっていなかったりします。
両者は基本的に別物となるのは、これらの仕組みがそもそも違うためです。

まずクレジットカードの換金ですが、これはその業者の方でショッピング枠を一度使用し、カード会社から使用金額を業者が調達します。
そのお金から手数料分を天引きして、いくらかを利用者へと戻します。
この流れで、現金にできないショッピング枠を換金できるのがこのビジネスです。
利用者は換金業者から直接お金を借りているわけではありません。
お金の出所は通常通りカード会社となりますから、借りたお金の返済はカード会社へ行います。

これに対して闇金は、やっていることは貸金業です。
業者が持っている自前のお金を、利用者に直接貸しています。
返済もこの業者へ直接行います。
このときの利息が法律で定めた上限を超えるため、違法業者とされるのが一般的です。

このように両者はまったく別のビジネスとなるため、運営者となる業者も別となることも多いです。
少なくとも、クレジットカードの換金は闇金が行っているビジネスだと決まっているわけではありません。
ただ、闇金はそもそも法令に従って運営されているビジネスではないため、クレジットカードの換金もあわせて行っている可能性がないわけではありません。
また、闇金を廃業したあと、クレジットカードの換金を新しく始めるというケースもあるため、ビジネスの内容自体は違っても、事実上の闇金に近いという事例もあります。
クレジットカードの換金だから闇金業者に絶対に当たらないと決まっているわけでもないため、利用前にはよく業者を調べることが大事です。