クレジットカード換金の利益

クレジットカード換金のビジネスに関して
Home » 換金ビジネス » クレジットカード換金の利益

クレジットカード換金の利益

換金ビジネス

クレジットカード換金を仲介している業者は、それをビジネスとして行っていますから、当然利益を得ています。
それを目的にこのサービスを提供している会社がほとんどですが、これで得られる利益とはどういうものでしょうか?
これは主に手数料収入になります。
クレジットカード換金をするとき、利用者は一度ショッピング枠をその業者で利用することになりますが、その利用額の全額が現金化できるわけではありません。
そのときには手数料がかかり、これを業者により天引きされるのです。

この手数料にはいろいろなものが含まれるのですが、業者の取り分となるものも当然含まれています。
これがクレジットカード換金業者にとっての利益になるわけです。
これがない場合、業者はボランティアでショッピング枠の現金化に協力することになりますが、そのような対応は基本的に行われませんよね。
利用者に協力した見返りとして報酬を得られるよう、換金時には必ず手数料が引かれ、これが業者にとっての利益となります。

クレジットカード換金ビジネスはこのようにして成り立っているのですが、この手数料はどれくらいになるでしょうか?
業者の取り分となるのは、利用額の10〜15%ほどが相場です。
もちろん利用額が大きくなるほど、必要な手数料の割合も下がることが多いですが、これが相場となることが多いですね。

その他の手数料とあわせて、合計で20%ほどの手数料となり、換金率は80%ほどになることが多いですが、このあたりの条件は業者によって違いも大きいです。
クレジットカード換金については、そのサービスの条件を規定する法令なども今はまだないため、業者が自由にその手数料率などを決めているのが実態です。
そのため相場に近い手数料率で運営している業者もいれば、それを大きく超えた条件に設定している業者もあります。

この手数料率が高いほど、業者にとっては利益が大きくなるため、自社の利益を最優先にしている業者など、これを非常に高くしていることもあります。
しかしこれが高いほど、クレジットカード換金後、利用者が実際に手にする現金が減ることになりますから、相場に近い条件で換金している業者を利用するのがおすすめです。