クレジットカード換金と悪徳業者

クレジットカード換金のビジネスに関して
Home » 換金ビジネス » クレジットカード換金と悪徳業者

クレジットカード換金と悪徳業者

換金ビジネス

クレジットカードの換金を利用するとき、悪徳業者には気をつけないといけません。
このビジネスを行っている業者には、あまり誠意のない対応をする業者がいるのは事実です。
その業者がやくざや闇金など、一般的に違法な対応をするとされる団体と関係があるとは限りませんが、そのような業者の素性とは関係なく、利用者の利益にあまり配慮しない業者もいるのです。

どのような対応をするかというと、たとえば法外な手数料を取ったりします。
クレジットカードの換金も1つのビジネスとして運営されているため、つまりは営利目的なのです。
利用者からすると、利用には料金が必要になります。
これにも相場があるのですが、それを大幅に超える手数料を取るのが、悪徳業者の特徴です。

たとえば使用したショッピング枠の金額のうち、20%を超える手数料を取る業者など、悪徳業者だといわれますね。
業者によっては、利用にかかる手数料を30%近くに設定している業者もあります。
10万円利用して、7万円しか戻ってこない計算になります。
この条件自体が利用者にとってかなり不利ですし、そもそもその手数料の項目や金額に根拠があるのかというと、これがハッキリしないことも少なくありません。
このような法外な手数料を取る悪徳業者もいるのは、現時点でのクレジットカード換金業者の実態の1つになっています。

このほかには、そもそもビジネスとして成り立っていない業者もあります。
どういうことかというと、名目としてはクレジットカードの換金を行うとしていますが、実際には行わないわけです。
このビジネスは、利用者がその業者でショッピング枠を使用し、その業者にお金が入ったあと、業者が返金を行うことで成立しています。
健全な業者なら事前の約束通りに返金を行いますが、悪徳業者になるとその返金自体を行わず、利用者から一度提供されたショッピング枠の使用金額を、そのまますべて自分の物にしてしまうわけです。

このような誠意のない対応をする業者はおり、利用者との間でトラブルになることがあります。
もちろんすべての業者がこのような悪徳業者ではなく、健全に利用できる優良店もありますから、なるべくいい業者を選ぶように注意してください。